人事評価はもういらない(No Ratings)-成果主義人事の限界のセミナー情報

人事評価はもういらない(No Ratings)-成果主義人事の限界

 主要なアメリカ企業は既に年次評価を廃止し、より機敏で個人に焦点を当てたパフォーマンスマネジメントへの転換を果たしています。その一方で、大多数の日本企業は依然として20年前に導入された成果主義人事の方法から脱却できないままでいます。

 企業で人事に携わる多くの人々が現状の目標管理・評価のあり方に問題を感じているものの、抜本的な改革に着手できないままでいます。このままの状態では、不確実性の高い経営環境のもとで、日本企業が成長を続けていくことが阻害されてしまうと危惧されます。

 本セミナーでは、以下のような論点を明確に整理することによって、人事が変革を引き起こしリードするための材料を提供します。

●VUCAの時代に求められるマネジメントのあり方
●成果主義人事の問題点
●年次評価の廃止(No Ratings)の目的と効果
●成果主義人事と新たなパフォーマンスマネジメントの違い
●上司と部下による頻繁な対話(1on1)の内容とポイント
●OKR(Objectives and Key Results)など、求められる目標設定のあり方
●HRテクノロジーを活用する意義と活用方法

【担当講師紹介】

松丘 啓司

松丘 啓司

エム・アイ・アソシエイツ株式会社 代表取締役社長

プロフィール

開催日時 開催日時:2017年12月22日(金)15:30~17:30(開場15:00)

対象

対象:企業の人事・人材開発責任者
※1社につき2名様までのご参加とさせていただきます。
※同業他社様からのご参加はお断りさせていただいております。

参加費

無料

定員 20名
会場

エム・アイ・アソシエイツ株式会社オフィス内 セミナールーム

セミナー内容

・講師による講演
・疑問点への回答
・参加者意見交換

» 人事セミナー情報トップに戻る


お問い合わせ・資料請求
人事向けメルマガ登録

PAGE UP